最新の投稿
病原体

クラミジア感染症は日本国内で感染者や患者数の多いポピュラーな性病のひとつで、近年は高校生の間でも蔓延しています。特に性的活動に活発な若者の間で感染率が高く、身近な病気のひとつと考えるべきです。

クラミジア感染症の病原体はクラミジア・トラコマチスと呼ばれる細菌で、これはヒトの粘膜細胞に寄生して増殖するという特徴があります。クラミジア・トラコマチスが感染する場所は、性器・泌尿器や直腸・咽頭部(のど)・眼球などの粘膜です。クラミジアの感染率が高い場所は性器・泌尿器で、性器性交で他の人にうつります。ただし性器性交以外にも、性器から口を通して咽頭部にうつってしまう場合があります。

クラミジアに感染したら、1~3週間ぐらいの潜伏期を経てから初期症状が出ます。男性は尿道炎を発症し、女性の場合は膣や子宮口で炎症が起こります。時間の経過とともに病原体が生殖器に移動して症状が重くなりますが、早期に見つけることができれば飲み薬だけで簡単に治療ができます。

クラミジア感染症の初期の段階であれば、抗菌薬を服用するだけで手軽に完治させることができます。クラミジア感染症の代表的な治療薬は、ジスロマックという内服薬(飲み薬)です。ジスロマックの有効成分は、アジスロマイシンと呼ばれるマクロライド系抗生物質です。アジスロマイシンは細菌がタンパク質を合成する作用を阻害することで、細胞分裂(繁殖)を阻止します。

アジスロマイシンは副作用が出にくくて安全性の高い抗生物質で、腸内細菌への影響が小さいので下痢などの消化器系の副作用が出にくいというメリットがあります。これに加えて他の薬との相互作用を起こしにくいので、多くの人が服用することができます。

ジスロマック(500mg錠)でクラミジアを治療する方法ですが、最初に2錠(有効成分1000mg)を1回だけ服用します。服用後は10日間にわたり体内で抗菌効果を発揮し、この間に病原菌が増殖するのを阻止してくれます。初期の性器クラミジアであれば、ジスロマックを1回飲むだけで2週間後に完治します。早ければ薬を服用してから2時間ほどで抗菌効果を発揮して、症状が改善します。

ジスロマックの大きなメリットは、クラミジア治療であれば1回だけ飲むだけで治療ができることです。抗菌薬を服用する場合に飲み忘れたり途中で服用を中止すると、病原体が死滅せずに病気が再発してしまいます。中途半端に抗菌薬を服用すると、病原菌が薬剤耐性を獲得して薬が効かなくなってしまう恐れがあります。ジスロマックであれば、飲み忘れや途中で服用を中止する心配がないので安心です。

ジスロマックは医療用医薬品(処方箋薬)に指定されているので、購入するためには医師の処方箋が必要です。ただし、海外から個人輸入すれば医師の処方箋がなくても入手することができます。医薬品専門のネット通販サイトを利用すれば海外から処方箋薬を個人輸入することができるので、医療用医薬品に指定されているジスロマックも簡単に入手することができます。病院で診察を受けずに自分で病気を治療したい方は、通販サイトを利用してジスロマックを個人輸入して入手すると良いでしょう。

医薬品を専門に個人輸入代行サービスを行う会社の多くはネット通販サイトを設置しているので、自宅に居ながら簡単に注文をすることができます。代金は銀行振込やクレジット払いに対応していて、決済方法は普通のネット通販と同じです。サイトの中には、薬の服用方法や注意点などが日本語で記されています。国内のネット通販と違う点は、商品が海外から発送されるので到着までに10日~2週間ほどの期間を要することです。発病してから治療薬の発注をすると商品が届くまでの間に症状が悪化してしまうので、病気に備えて前もって購入しておくことをおすすめします。

ジスロマックは多くのネット通販サイトで取り扱われていますが、初めて利用する場合は信用ができるサイトを注意深く選ぶようにしましょう。口コミサイトなどの書き込み内容も、サイト選びの参考にすることができます。